トミー機械工業鰍ノついて

プラスティックフィルム装置当社は、1967年(昭和42年)創立の会社です。
プラスチックフィルム関連のあらゆる分野で活躍する機械を総合的にプランニングし、 設計、製造、販売しています。
インフレーションフィルム製造装置として、押出機、引取機、巻取機、および金型など、一環したライン生産をしています。
インフレーションフィルムとは、プラスチックのチューブに空気を入れて、膨らませてつくるプラスチックのフィルムのことで、一般的に広く使われるゴミ袋をはじめ、用途は多岐にわたります。

海洋プラスチックごみ問題などの環境問題のことも考え、廃材や ペットボトルなどの粉砕片を利用し、新たなフィルムに再生するプラスチックリサイクル装置も製造しています。
また、インフレーションフィルム製造装置でつくられる生分解性フィルムは土にかえる、または月日が経つと自然分解するような特性があり、このような製品を生み出すことで環境問題へ取り組んでいます。

あらゆるニーズにお応え出来る機械作りを心がけると同時にプラスチックフィルム産業の発展を目指しています。

インフレーションフィルム製造装置をイラストでご紹介します

概要

トミー機械工業 株式会社

  TOMI MACHINERY CO.,LTD.
設立 昭和42年(1967年)3月24日
所在地



〒223−0052
神奈川県横浜市港北区綱島東6丁目10番29号
電話 : 045−542−4535(代表)
FAX  : 045−542−4571
代表取締役 新本 峰雄
資本金 8000万円
取引銀行


川崎信用金庫 綱島支店
三菱UFJ銀行 小山支店
三井住友銀行 綱島支店
URL http://www.tomi-kikai.com
E−mail

会社案内(PDF)はこちら

中小企業サポート「Big Advance」内 会社ホームページ

略歴

昭和42年3月(1967年) 東京都品川区小山に本社・工場設立
昭和45年4月(1970年)

神奈川県横浜市港北区綱島東6−10−29
本社・工場移設

社長よりご挨拶

皆様、いつも大変お世話になりまして、ありがとうございます。

私は、トミー機械工業がいつまでも明るく笑顔の絶えることのない、元気な会社であればいいなと思っております。

おかげ様で、私どもの会社も創業から50年以上の歳月を経る事ができました。

いろいろな出来事が起こり、一喜一憂する毎日ですが、あらゆる事柄から学ぶべき事がたくさんあります。
良い事、悪い事、すべてが勉強だと思い、それらが糧となって会社が成長できるように日々努力しています。

代表取締役 新本峰雄

代表取締役
新本峰雄
製造会社ですので、性能が良く、高速に動く機械をどんどんつくって、お客様に御提供させて頂きたいと思っております。

より良い機械づくりを心がけ、これからの時代に役立つ製品・機械を追求していきます。
社員一丸となり、一生懸命頑張ってまいります。
今後とも、トミー機械工業をよろしくお願い致します。