厚み測定装置

厚み測定装置 1  厚み測定装置 2

Model  TTG−1型

フィルム厚を測定しながら偏肉調整が出来る装置です。

仕様

測定部








接触式
測定速度 36秒 〜 4分48秒 4段切替え
分割 180ポイント
測定値 デジタル表示
基準プレート 230μ テストプレート付
測定長さ 0 〜 9999mm
測定可能厚み 0 〜 400μ
※ 樹脂により測定範囲の制限がありますので、ご相談下さい。
(今回 20μ 〜 200μ)
表示部

液晶ディスプレー式 タッチキー
表示レンジ設定は任意です。(数値はμcm単位)
プリンター 表示画面をそのままプリントします。

特徴


測定長、測定厚みを打ち込みにより測定 および グラフを製作します。

最大値、最小値、平均値、偏差値、±%精度を表示します。


ダイスの偏肉調整ボルト数の記入により、希望偏肉精度に対する調整ボルト位置を表示します。

180ポイントの厚み測定値を別画面にて表示します。

操作はタッチキー使用して、簡単に出来ます。
 
※ サンプリングフィルム巾は50mmを直線でカットして下さい。

性能


プリンター付きの為、各画面の印刷が出来ます。

180ポイントの測定がサーボモーター駆動により正確に記録出来ます。

厚み測定が可能な肉厚は、10μ 〜 400μです。(樹脂によって変更します。)

厚み測定の速度も自由に選択できます。

フィルム厚み測定装置のカタログはこちら