レーザーホール灌水チューブ製造装置

高速灌水チューブ製造装置 DFWA−120−40

DFWA−120−40

下向水冷冷却方式と特殊ダイ構造により、灌水チューブ(折幅 50mm,厚み120〜150μ)が従来の2〜3倍の速度で、安定生産が可能になりました。穴あけもレーザー使用により、今までのような針の交換などの手間なくなり、品質も向上します。

レーザー装置のみの販売も致します。

SPダイス

引取機 及び 温度制御盤 裏側

制御盤の裏側の空いたスペースにエアーリング用ブロアー、インバーター、押出機駆動モーターを設置し、スペースの有効活用をしています。
(空冷の時のみ、ブロアー、インバーター設置)         

引取機制御盤

第一、第二ピンチ駆動モーターがACサーボとなり、正確な引取速度を制御します。
また、タッチパネルにて第一、第二ピンチの速度比率も正確に制御します。

温度制御盤

引取機制御盤と同じ押出機架台の中に取り付けており、温度制御盤の設置スペースを確保しなくても良くなりました。

ウォーターリング

弊社独自のチューブレギュレーターを使用し、ピンチ前のバブルにて巾制御をする為、水冷でも安定成形が可能になりました。

ガイドロール

エアーリング使用時(空冷)の時、ウォーターリングと交換して使用します。

水切りロール

従来のスポンジロールから高度の低いゴムロールを使用する事により水切り性能がUPしました。

レーザーホール灌水チューブ製造装置のカタログはこちら